かにちゃんあみの直行便

かにちゃんそうるぶらざーず☆天橋立に行く (後編)

籠神社(このじんじゃ)日本最強のパワースポット伊勢神宮のふるさと

神殿にある五色(青・黄・赤・白・黒)の座玉(すえたま)を見ることが出来るのは、伊勢神宮と籠神社のふたつだけ。

恋みくじ♡ 傘みくじ 扇子みくじ 可愛いおみくじ引いて見るのもたのしみだね。

ちょっと足を伸ばしてパワースポットのさらに上、聖域と呼ばれる「真名井神社」に行ってみるのもいいよ!
鳥居をくぐると空気が変わるって言われてるよ。
そして、そこにお参りすると授かれる特別な「桃のお守り」もあるんだよ。

ケーブルカーに乗って、傘松公園へ

ここから見る景色は「昇龍観」と呼ばれ、まるで龍が天へと昇って行くかのような眺めとなっているんだって。

股のぞきで楽しんでみよう!!!手すりがあるから体の硬いひとでもきっと大丈夫だよ!・・・たぶん。
実は僕はまだ練習中なんだけどね(てへ)

かわらけ投げにも挑戦!

わっかをうまくクグらせることが出来たら願いがかなうんだって!エドワードは三枚目で無事通ったね!!!すごい!
腕に自信のある人はぜひ挑戦だ!

アマテラス~ここでお昼~

「天照大御神」と眺めのいい「テラス」それから、天橋立の「アマ」をかけてるんだ!うまいこというね!!
うまいといえば!アマテラスには美味しいご飯がいっぱい!かさぼうのオススメは海の幸たっぷりの「海鮮丼」だよ!
外のフードコーナーにも、軽い食事が売ってて、冬はちょっと寒いけど、−40℃のアイス「ディッピンドッツ・アイスクリーム」っていうのがお薦めなんだ。
さらさらじゅわしゅんの他では味わえない面白い食感を、暖かい室内で食べるのも楽しいよ!

な、ななんと!恋人の聖地!!もあるんだよ!願いの鐘や、願いの南京錠!

愛のかけ橋♡天橋立をバックに、愛を叫んじゃう?!
ひときわ大きい南京錠は、かかりきれなくなった南京錠を集めて、いったん溶かして一つの大きな南京錠にしたんだ。

こうなると、もぅ殿堂入りだね!離れられない仲になれることうけあいだよ~♪

観光船で穏やかな阿蘇海をクルージング♪

観光船にはカモメの群がついてくるんだ。カモメに餌をあげるのも楽しいよ!
餌取りグランプリがもしあったら、絶対優勝できるぐらい、プロったベテランのカモメをみつけよう!ちゃ~んとキャッチしてくれるよ!

観光船のガイドアナウンスにも耳を傾けて。伊根だけじゃない、この阿蘇海にも舟屋があるんだ。40軒ちかくある阿蘇の舟屋は1階に船揚げ場、物置や作業場があって、漁具の手入れや出漁準備をしてるんだ。山側と2階は母屋で生活の場になっている。遊覧船からも見ることができる舟屋スポットに注目!(カモメに夢中になると見逃しちゃうから気をつけてw)

智恩寺(文殊堂)

三人寄れば文殊の知恵の文殊堂、知恵が授かれると有名なんだよ。文殊堂のどこかにある「三鈷の松」探してみて!

「限りない幸福と利益をもたらし、魔軍を催滅する」と言われる法具、三鈷杵に似ていることから「三鈷の松」と呼ばれ、財布に入れておくと、お金が貯まるとか、持っていると願いが叶うと言い伝えのある三つ又に別れた珍しい松の葉がどこかにあるよ。さがしてみようっ!

御朱印集め

最近、御朱印を集める人が多いんだってね。実は、クラゲも御朱印を集めるのが好きらしい。((モンジュタイシ!カッコイイ!!))んだとか。そういえば、籠神社でもふたつ授かってたね☆

知恵の餅

お参りが終わったら知恵の餅をたべてほっこり。真っ白なおもちに美味しいこしあんがたっぷり♪ここでしか味わえない美味しさだよ。

「あ~楽しかった♪」((タノシカッタ!))と二人。
「喜んでもらえて僕もうれしいよ!エドワード、君、最近元気なかったよね。

でも、もぅ大丈夫だよ!今日はここ天橋立で、たくさんのパワーをもらって、その御印の三鈷の松も貰ったからね!さて、僕の案内はここまでだよ。」
そういうと、かさぼうは微笑んで、空にふわふわと昇って行った。

「あの笑顔・・・いつか見たことある・・・あ!先代とふたりで来た、あの時の!!」
エドワードは思い出した。ずっと昔、先代と一緒に天橋立に住む妖精に出逢っていたことを。
「かさぼう!君はこの天橋立の妖精だったんだね!!!」
「そうだよ、ぼくはずっと君たちや、丹後に来てくれる人たちを見守っているんだ」
「もぅお別れなの?もぅ会えないの?」((アエナイノ?))
「また会えるよ・・・心がちょっと疲れたら遊びにおいでよ!ここで僕はいつまでも待ってるよ!」
かさぼうは手をふりながら消えて行った。

≧[゚∇゚]≦+゜*。゜+≧[゚∇゚]≦+゜*。゜+≧[゚∇゚]≦

こうして、再び元気になったエドワードはクラゲと共にかさぼうのいるこの美しい丹後をこれからも全力でアピールしていこうと思ったのだった。

めでたし めでたし。

前号へ次号へ