かにちゃんあみの直行便

エドワード・かにちゃん the 3rd

生まれながらの1匹狼。愛や優しさなど知らないままに生きてきたエドワード。 そんな、世の中に失望していたエドワードに手を差し伸べたのが 2 代目かにちゃん。
2 代目かにちゃんは身寄りの無い自分を育ててくれた恩人。
2 代目との暮らしの中でかにちゃんとしてどうあるべきか、を考えるようになった。
ある日、2 代目は薄れていく意識の中でこう言った...
「お前が・・・3代目だ・・・」(ガクッ...)

そこからエドワードはかにちゃん the 3rd として丹後旅行センターを牛耳る道を選んだ。
そして現れた口の中のハートの紋章。2代目へ、丹後旅行センターへ心臓を捧げる覚悟をした瞬間である。

前号へ | 次号へ